こういう年頃で介護をすることになるとは思いませんでした。

自身は家の事情柄自身しか介護をする個々がいなくておじいさんを介護し始めたのが18歳の時でした。ハイスクール卒業する前におじいさんが脳梗塞で倒れて半身不随になってしまいました。病棟で入院していたのですが自身がハイスクール卒業する前に自宅で介護日々が始まりました。建物は妻は早くに亡くなって祖母は自身が小学生の頃に他界して父親というおじいさんとの3人間生計でした。おじいさんが倒れてから父親は売買で忙しない身だったので身の周りの案件や家庭は自身がしていました。おいおい18歳で介護をするとは思ってもみませんでした。転職はせずにハイスクールの時からバイトを通していたゾーンでもっぱらお世話になることにしました。始めてだったので戸惑ったり慣れなくて疲れてしまってクッタクタでした。一番キツかったのは排便モノの手入れでした。2ヶ月位は食事するガッツになれなくて4移動体重が落ちました。おじいさんは小さい頃から可愛がって育ててくれたので、考えようによっては親孝行みたいな事を出来るのは現下しかないのかもしれないと言い聞かせて頑張ってきました。途中から集客介護を週間3回来てもらって4年代後には老人ホームに入る案件になりました。おじいさんの先ほどで弱音を吐いたりイライラして当たってしまったりした事を思い出すと本当にすまんという謝りたかっただ。アスタキサンチン